• 会員入会
  • ログイン
  • USD

    通貨を選択 :


    USD 米ドル
    CAD カナダドル‏
    EUR ユーロ‏
    GBP 英国ポンド‏
    KRW 韓国、ウォン‏
    JPY 日本円‏
    CNY 中国、人民元‏
    AUD オーストラリア ドル‏
    IDR インドネシア、ルピア‏
    NZD ニュージーランド ドル‏
    PHP フィリピン、ペソ‏
    SGD シンガポール ドル‏
    TWD 台湾ドル‏
    HKD 香港ドル‏
    RUB ロシア、ルーブル‏
    INR インド、ルピー‏
    THB タイ、バーツ‏
    MYR マレーシア、リンギット‏
    ZAR 南アフリカ ランド‏
    VND ベトナム、ドン‏
    BRL ブラジル レアル (R$)‏
    CLP チリ、ペソ‏
    CHF スイスフラン‏
    EGP エジプト、ポンド‏
    COP コロンビア、ペソ‏
    ARS アルゼンチン ペソ‏
    PLN ポーランド、ズローチ‏
  • language Japanese

    言語を選択 :


    GB English
    KR 한국어
    ES Español
    CN 简体中文
    NO Norge
    FR Français

be ベルギー

ベルギー王国は、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。欧州連合(EU)の原加盟国であることや、地理的には欧州のほぼ中央部に位置する交通の要衝にあり、その主要機関の多くがブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)に置かれているため、ブリュッセルはEUの首都とも言われている。憲法上の首都は、19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。

19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域と、フランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。

ベルギーは国民的立憲君主制を採用している。国家元首である国王は、立法権を連邦議会と共に行使し、行政執行権を憲法に基づき行使する。1990年に妊娠中絶が合法化される際に、当時の国王ボードゥアン1世は自身の信念に基づき中絶法案への署名を拒否したが、一時的に国王を「統治不能」状態として内閣が代行する事により、立憲君主制の原則を守ったという出来事があった。

2013年のベルギーのGDPは約5065億ドルであり、日本の九州とほぼ同等の経済規模である。同年の一人当たりのGDPは45,383ドルであり世界的に上位に位置する。

ケッペンの気候区分による温帯(Cfb)に属する。これは暖流の北大西洋海流による。晴天の続く夏期でも最高気温が20度を上回ることは多くない。面積の小さな国だが、内陸になるほど、大陸性気候の特徴が現れる。すなわち、夏の気温が上がり、冬期は寒くなる。さらに降水量の年変動が大きくなる。

首都ブリュッセル (ブリュッセル首都圏地域内のイクル、北緯50度42分、東経4度21分、標高100m)の年平均気温は10.2度、最寒月は1月(平均気温3.1度)、最暖月は7月(同17.9度)。相対湿度の年平均値は81.6%(40年平均値)、最も湿潤なのは12月 (88.4%)、最も乾燥しているのは5月 (75.2%)。年平均降水量は823.0mm、最も雨の多いのは11月 (79.5mm)、最も雨が少ないのは2月 (53.1mm) である。

教育

education

Education in Belgium is regulated and for the larger part financed by one of the three communities: Flemish, French and German-speaking. All three communities have a unified school system with small differences from one community to another. The federal government plays a very small role: it decides directly the age for mandatory schooling and indirectly the financing of the communities.

The schools can be divided in three groups (Dutch: netten; French: réseaux):

1. Schools owned by the communities (GO! Onderwijs van de Vlaamse gemeenschap; réseau de la Communauté française)

2. Subsidized public schools (officieel gesubsidieerd onderwijs; réseau officiel subventionné), organized by provinces and municipalities

3. Subsidized free schools (vrij gesubsidieerd onderwijs; réseau libre subventionné), mainly organized by an organization affiliated to the Catholic churchThe latter is the largest group, both in number of schools and in number of pupils.

Education is compulsory from 6 to 18 years of age for Belgians. Among OECD countries in 2002, Belgium had the third highest proportion of 18- to 21-year-olds enrolled in postsecondary education, at 42%. Though an estimated 99% of the adult population is literate, concern is rising over functional illiteracy. The Programme for International Student Assessment (PISA), coordinated by the OECD, currently ranks Belgium's education as the 19th best in the world, being significantly higher than the OECD average. Education being organized separately by each, the Flemish Community scores noticeably above the French and German-speaking Communities.

Mirroring the dual structure of the 19th-century Belgian political landscape, characterized by the Liberal and the Catholic parties, the educational system is segregated within a secular and a religious segment. The secular branch of schooling is controlled by the communities, the provinces, or the municipalities, while religious, mainly Catholic branch education, is organized by religious authorities, although subsidized and supervised by the communities.

食品

food

ベルギーの郷土料理を大別するとフランスの料理とよく似たワロン料理とフランス料理を基礎に独自の発展を遂げたフランドル料理に分けられる。共に伝統的なフランスの料理を基礎としているため、ベルギーの食文化はおおむねフランス北部のものと似通っている。

フランス北部同様バターやクリームを大量に使い、煮込む料理とグラタンが多い。メインコースは大きな皿に一人前をたっぷりと盛りつける。相違点としては、フリッツ(フライドポテト)やマッシュポテトといったジャガイモの付け合わせが、主食にあたるものとして確固たる地位を築いていること。ブドウの栽培に適さない気候のためワインはほぼ輸入で賄い、ビールの種類が豊富なこと。そして、ビールを使った煮込み料理。

言語

language

住民はオランダ語のベルギー方言とも言うべきフラマン語を話すフランデレン人が58%、フランス語を話すワロン人が31%、その他混血などが11%である。特に首都ブリュッセルは中東系を中心とした移民が多く、近年ではアラブ系の「Mohammed」がブリュッセルで生まれる男子でもっとも多く名付けられる名前となっている。

ベルギーの国土は、使用言語により、3つの言語共同体に分かれており、それぞれに地方公用語がある。

• 北部のフランデレン地域はフラマン語共同体 (en) に属し、フラマン語(オランダ語)が公用語である。また、フローネン、ネーメン、コミーヌなどはフランス語地域である。しかし、フランデレン地域の大抵のフラマン人は、老若男女を問わずフラマン語(オランダ語)以外にもフランス語と英語を習得している。

• 南部のワロン地域は大部分がフランス語共同体に属し、フランス語が公用語である。ベルギーのフランス語は発音・語彙に若干の特徴があるが、フランスの標準フランス語とほとんど同じである。ただし、標準フランス語のほかにワロン語、ピカルディ語、シャンパーニュ語、ロレーヌ語(英語版)と、フランス語のいくつかの方言も広く話されている。フランス語の諸方言は主にフランス国境地域で話されている。また、南東部のルクセンブルク国境地域ではルクセンブルク語が話されている。ワロン地域の住民で、オランダ語や英語を話す者は非常に少ない。また、ワロン地域では英語がほとんど通じない。

• ワロン地域の北東ごく一部のドイツ国境地域(オイペン、ザンクト・フィート付近)は、ドイツ語共同体に属し、ドイツ語が公用語である。

ただし、それぞれの話者の割合は均等でなく、オランダ語が60%程度、フランス語が40%程度、ドイツ語が1%未満である。なお、首都ブリュッセルはオランダ語の使われるフランデレン地域に囲まれているが、フランス語話者が8割以上を占めていて、フラマン語共同体とフランス語共同体の双方が自治権を持っている。

フランデレン地域の人々とワロン地域の人々の間には、「言語戦争」とまで呼ばれる対立関係が存在する。2006年12月13日、ベルギーの公共放送RTBFが「フランデレン地域が独立を宣言して前国王アルベール2世がコンゴ民主共和国(旧ベルギー植民地)に亡命した」という架空ニュースを流した(後に、議論を喚起する目的があったと説明された)ところ、一時国内が大混乱に陥り、地域間の溝の存在を露呈する結果となった。