• 会員入会
  • ログイン
  • USD

    通貨を選択 :


    USD 米ドル
    CAD カナダドル‏
    EUR ユーロ‏
    GBP 英国ポンド‏
    KRW 韓国、ウォン‏
    JPY 日本円‏
    CNY 中国、人民元‏
    AUD オーストラリア ドル‏
    IDR インドネシア、ルピア‏
    NZD ニュージーランド ドル‏
    PHP フィリピン、ペソ‏
    SGD シンガポール ドル‏
    TWD 台湾ドル‏
    HKD 香港ドル‏
    RUB ロシア、ルーブル‏
    INR インド、ルピー‏
    THB タイ、バーツ‏
    MYR マレーシア、リンギット‏
    ZAR 南アフリカ ランド‏
    VND ベトナム、ドン‏
    BRL ブラジル レアル (R$)‏
    CLP チリ、ペソ‏
    CHF スイスフラン‏
    EGP エジプト、ポンド‏
    COP コロンビア、ペソ‏
    ARS アルゼンチン ペソ‏
    PLN ポーランド、ズローチ‏
  • language Japanese

    言語を選択 :


    GB English
    KR 한국어
    ES Español
    CN 简体中文
    NO Norge
    FR Français

ca カナダ

カナダは、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。世界で2番目に大きい面積の国土を持つ。歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。その後イギリスからの独立プロセスが1867年から始まり、様々な手続きと立法を経て1982年、主権国家となる。

立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。世界の先進8ヶ国(G8)の一国。旧来よりアメリカ合衆国の影響が強く、国際政治で立場を異にすることが多い複雑な関係ながら、隣国のアメリカ合衆国との交流が盛ん。また、1992年、北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟し、メキシコを含む北米3国間での交流も促進された。経済面では多様な産業構造を保有しているが、貿易と豊富な天然資源に大きく依存している。

カナダの文化はしばしば「進歩的、多様で、多文化主義的」とされる。先住民の文化から、移住してきたヨーロッパ系の文化、さらに近年の様々な国からの移民の持ち込む幅広いものが含まれ、混じり、重なり、形成されている。その中で政治的にも多文化主義が憲法で守られ、政策的にも推進されてきた。ケベックでは文化アイデンティティーは強く、仏語話者の評論家はケベック文化は英語圏と違った独自性を持つと強調する。しかしながらカナダは全体として、「文化のモザイク」(様々な人種・民族・地域文化が共存する)を形成しているとされる。国の政策でもユニバーサルヘルスケア、富の再分配のための高い税金、死刑廃止、貧困撲滅への努力、多文化主義推進、厳しい銃規制、同性結婚合法化などが挙げられ、カナダの政策や文化上の社会的価値観を反映している 。

バンクーバーやビクトリアなどが位置する西海岸の沿岸部は暖流の影響で温帯の西岸海洋性気候に属し、夏は涼しく乾燥していて過ごしやすく晴れる日が多いが、冬は温暖で雨が多い。北米屈指のスキーリゾートのウィスラーなどが位置するロッキー山脈の西側の山岳地帯は世界有数の豪雪地帯となっている。

アルバータ州からサスカチュワン州、マニトバ州にかけては、亜寒帯湿潤気候、湿潤大陸性気候に加えてステップ気候も広がり降水量が少なく乾燥している。夏は比較的気温が上がるが、乾燥していて過ごしやすい。一方、冬は零下50度近くまで下がることもあるシベリアに匹敵する酷寒地である。特に中央部に位置するウィニペグは大陸性の気候が顕著であり、レジャイナやサスカトゥーンなどと並び北アメリカで最も寒い都市(アラスカのアンカレッジよりはるかに寒い。)とされる。

トロントやモントリオールなどの大都市が位置し、人口が集中するセントローレンス川沿いは亜寒帯湿潤気候に属し、夏は比較的湿度が高く蒸し暑くなる。トロントなどのオンタリオ州南端部ではそれほど厳しい寒さとはならないが、オタワやモントリオールなどでは最寒月の平均気温が-10度以下となり、-30度程度まで下がることもあるほど、寒さが厳しく降雪量も多い。ノバスコシア州やニューファンドランド島などの大西洋側沿岸地方はより海洋性の気候の特色を有していくことになり、冬季は低気圧の発達により豪雪地帯となる。 北極圏などの北部地域は寒帯に属しツンドラ気候が分布し永久凍土が広がっている。

教育

education

Education in Canada is for the most part provided publicly, funded and overseen by federal, provincial, and local governments. Education is within provincial jurisdiction and the curriculum is overseen by the province. Education in Canada is generally divided into primary education, followed by secondary education and post-secondary. Within the provinces under the ministry of education, there are district school boards administering the educational programs. Education is compulsory up to the age of 16 in every province in Canada, except for Manitoba, Ontario and New Brunswick, where the compulsory age is 18, or as soon as a high school diploma has been achieved. In some provinces early leaving exemptions can be granted under certain circumstances at 14. Canada generally has 190 (180 in Quebec) school days in the year, officially starting from September (after Labour Day) to the end of June (usually the last Friday of the month, except in Quebec when it is just before June 24 – the provincial holiday).

In the past, private universities in Canada maintained a religious history or foundation. Although since 1999, the Province of New Brunswick passed the Degree Granting Act [1]allowing private universities to operate in the Province. The University of Fredericton is the newest University to receive designation in New Brunswick.

Trinity Western University, in Langley British Columbia, was founded in 1962 as a junior college and received full accreditation in 1985. In 2002, British Columbia's Quest University became the first privately funded liberal arts university without a denominational affiliation (although it is not the first private liberal arts university). Many provinces, including Ontario and Alberta, have passed legislation allowing private degree-granting institutions (not necessarily universities) to operate there.

Many Canadians remain polarized on the issue of permitting private universities into the Canadian market. On the one hand, Canada's top universities find it difficult to compete with the private American powerhouses because of funding, but on the other hand, the fact that the price of private universities tends to exclude those who cannot pay that much for their education could prevent a significant portion of Canada's population from being able to attend these schools.

食品

food

カナダ料理(カナダりょうり)は、地域により幅広い相違がある。カナダの元首相ジョー・クラークは、次のように言い換えて言及した:「カナダには料理の中でも最高の料理がある。それは様々な料理をごった煮にしたのではなく、寄せ集めたものである。」

カナダの3つの最初期の料理は、ファースト・ネーション、イギリス、フランスがルーツである。カナダ英語圏の伝統的料理はイギリス料理、アメリカ料理に影響を受け、フランス語圏の伝統的料理はフランス料理と毛皮商人の冬の貯蔵品から発展した。続く18世紀から19世紀にかけての中央、南、東ヨーロッパ、および中国からの移民の波に伴い、各地域の料理が引き続き拡大した。カナダは世界一のメープルシロップ生産国である。

当初より、継続的な移民の波によって様々な食品とともに移民がもたらした影響を受けて、カナダの様々な地域や時代から、カナダの食品は形成されてきた。伝統的な北極とカナダ領土の料理は、ジビエを使うイヌイットとファースト・ネーションの調理法が基本である。逆に、各地のファーストネーションおよび先住民の間に普及しているバノックは、スコットランドの毛皮商人よりその文化が伝わったフライパン調理の揚げパンである。

カナダで『中華料理』とされている料理の多くは、カナダおよび北アメリカ発祥で、各地域の中国人が伝統的料理を地元向けにアレンジしたものである可能性が高い。カナダ式中華料理 (Canadian Chinese cuisine) は、カナダ国内各地に地域毎の様々な変化を伴って広まった。中華料理のビュッフェは、アメリカ合衆国およびカナダ各地に見られるが、1870年頃のバンクーバーギャスタウン当初の発祥である。シャンティタウン近郊の森林や工場で働く多くのスカンディナヴィア人に、中国系移民の料理人が食器棚のスチームテーブル(蒸気保温台)を用意し、「積み上げ」て(おそらく「飲み物」用に)ダイニングテーブルに空きを作る習慣から始まった。ジンジャービーフ (Ginger beef) はカナダ西部発祥と主張されている人気の中華料理である。

ニューファンドランド・ラブラドール州および大西洋岸諸州の料理は、塩漬け魚、牛肉、および豚肉を好むイギリスおよびアイルランド料理の調理法から主に派生している。オンタリオ州、マニトバ州、ブリティッシュコロンビア州はまた、イギリス料理の強固な伝統を維持している。

言語

language

英語とフランス語が1969年に制定された公用語法によって認められている公用語である。この公用語法では、連邦政府における英語とフランス語が平等な地位にあることが定められた。連邦裁判所、連邦議会(カナダ国会)や連邦政府機関のすべてで英仏二カ国語が平等に扱われる。カナダ国民は、十分に需要がある場合には連邦政府の行政サービスを英語またはフランス語にて受ける権利があり、公用語の少数派側であっても、すべての州・準州にて教育を受ける権利が保障されている。

2006年国勢調査によると、国民の約58%が英語、約22%がフランス語を第一言語としている。約98%が英語かフランス語のどちらかを話し(57.8%が英語のみを、13.3%がフランス語のみを、17.7%が両言語を話すことができる) フランス語が主に使われている地域はケベック州、オンタリオ州のオタワなどの東部地域と北オンタリオ地方、ニューブランズウィック州のアカディア人の多い地域、およびマニトバ州の南部である。このうち、ケベック州はフランス語のみを、ニューブランズウィック州は英語とフランス語を州の公用語とし、他州は英語のみを州の公用語としている。

なお、ユーコン準州では英語とフランス語が、ヌナブト準州では英語、フランス語、イヌクティトゥット語、イヌイナクトゥン語が、ノースウエスト準州では英語、フランス語、イヌクティトゥット語、イヌイナクトゥン語、クリー語、ドグリブ語、チペワイアン語、サウススレイビー語、ノーススレイビー語、グウィッチン語、イヌビアルクトゥン語も公用語となっている。

公用語以外の言語を使う住民も600万人ほどおり、中国語(広東語が多い)の話者が103万人、イタリア語が45万人、ドイツ語が44万人、などである。また先住民の中には個々の部族の言語を使うものもいるが、多くの言語はだんだんと使われなくなっていく傾向にある。

カナダでは移民社会を構成しているので、200語以上の言語が国勢調査で母語として回答されている。中国語を母語とする人口は全体の3.3%であり、英語、フランス語に続く第三位の母語となっている。第四位はパンジャブ語であり増加中である。その他に母語として多いのはスペイン語、アラビア語、タガログ語、ウルドゥ語である。