• 会員入会
  • ログイン
  • USD

    通貨を選択 :


    USD 米ドル
    CAD カナダドル‏
    EUR ユーロ‏
    GBP 英国ポンド‏
    KRW 韓国、ウォン‏
    JPY 日本円‏
    CNY 中国、人民元‏
    AUD オーストラリア ドル‏
    IDR インドネシア、ルピア‏
    NZD ニュージーランド ドル‏
    PHP フィリピン、ペソ‏
    SGD シンガポール ドル‏
    TWD 台湾ドル‏
    HKD 香港ドル‏
    RUB ロシア、ルーブル‏
    INR インド、ルピー‏
    THB タイ、バーツ‏
    MYR マレーシア、リンギット‏
    ZAR 南アフリカ ランド‏
    VND ベトナム、ドン‏
    BRL ブラジル レアル (R$)‏
    CLP チリ、ペソ‏
    CHF スイスフラン‏
    EGP エジプト、ポンド‏
    COP コロンビア、ペソ‏
    ARS アルゼンチン ペソ‏
    PLN ポーランド、ズローチ‏
  • language Japanese

    言語を選択 :


    GB English
    KR 한국어
    ES Español
    CN 简体中文
    NO Norge
    FR Français

it イタリア

イタリア共和国)、通称イタリアは、ヨーロッパにおける単一議会制共和国である。総面積は301,338km2で、イタリアではlo Stivale (ブーツ) と称される国土の形状により大部分は温帯に属する。人口は6,100万人でヨーロッパ第5位である。イタリアは非常に高度な先進国であり、ユーロ圏では第3位、世界では第8位の経済大国である。

古典古代以来、現在のイタリアに相当する地域には、エトルリア人、マグナ・グラエキア人及びその他文化が栄え、何世紀にもわたって西洋文明の主要な政治及び宗教の中心地、すなわちローマ帝国及びキリスト教の首都であり続けた古代ローマにより最終的に併合された。暗黒時代、イタリア半島は未開民族による悲惨な侵略に直面したが、11世紀初頭頃、多数のイタリアの都市国家が、海運業、商業、銀行業で大いなる繁栄を得た。実際に、現代の資本主義は中世イタリアを起源とする。特にルネサンス期、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ、ミケランジェロ、マキャヴェッリのような、学者、芸術家、博学者を生み出し、イタリアの文化は繁栄した。ポーロ、コロンブス、ヴェスプッチ、ヴェラッツァーノのような探検家は、極東及び新世界への新航路を発見し、ヨーロッパの大航海時代における先導に一役買った。それにもかかわらず、中世後半にイタリアは多くの戦争国家に分裂し、後にフランス、スペイン、オーストリアのようなヨーロッパ列強の犠牲になった。それ故、イタリアは19世紀中頃まで続く長い衰退期に突入した。

失敗に終わった各種試みの後第二次及び第三次、イタリア独立戦争により、1859年から1866年までの間に現在のイタリアの大部分の統一がもたらされた。19世紀後半から20世紀前半まで、新たなイタリア王国は急速に工業化し、植民地帝国を獲得して列強になった。しかしながら、イタリア南部及び農村部の大部分が工業化から除外され、大規模かつ影響力の大きな離散を巻き起こした。第一次世界大戦での勝利にもかかわらず、イタリアは1922年のファシスト独裁の設立に好都合な経済危機及び社会的混乱に突入した。後の第二次世界大戦への枢軸国側での参加は、軍事的敗北、経済的破壊、内戦に終わった。その後の数年間で、イタリアは君主制を撤廃し、民主主義を回復し、長期に及ぶ好景気を享受したことにより、1990年までに世界で最も発展を遂げた国の1つになり 、世界第5位の経済大国になった。

イタリアは世界的な軍事、文化、外交において大きな役割を果たし、主要な地域大国であると考えられている。欧州連合の原加盟国及び指導国であり、国連、NATO、OECD、OSCE、DAC、WTO、G4、G6、G7、G8、G10、G20、地中海連合、ラテン連合、欧州評議会、中欧イニシアティブ、アジア欧州会合、コンセンサス連合を含む多くの国際機関の加盟国である。

教育

education

イタリアは、小中学校と高校2年生までの義務教育を実施する。小学校は5年、中学校3年制である。グレードは、9月から6月までに3学期制である。中学校は古典的中学校と職業準備学校に分かれて進路を明確にしたが、1960年から、両者を統一して義務教育段階で差別をなくす措置を取ったし、8ヵ年の統一学校制度が確立された。現在5年制の高等学校を二つの部分に分けて、最初の2年(Biennio)は、ほとんどの学校の教育課程が同じで義務教育である。以後3年(Triennio)は、本人が希望する高等教育機関として選択して進学する。(師範、警察学校、技術学校など)

進学は、各学校卒業時行う国家試験に決定する。大学教育年限は通常4年なのに工学部は5年、医学部は6年制になっている。ボローニャ(Bologna)・ローマ・サレルノ(Salerno)パドヴァ(Padova)などヨーロッパ最高(最古)の大学があり、約40の大学が伝統的な神学・法学・医学・哲学4学部を持たないまま、フランス・ドイツの場合のように、大学の外にいながら単科大学をなす工学・農学・薬学・獣医学などが独立して総合大学の一部を構成しているが、その規模は最小数百人から最大数万人に達するという。

国立総合大学に加えて、有名なものは、ミラノのカトリックサク六オーレ(Sacro Cuore)大学、ナポリの東洋研究所、ペルージャの外国人大学などがある。教育行政は、中央集権的な色彩が強く、文部科学省がその頂点になっている。大学や高等教育機関は、直接文部科学省傘下に、中等教育は地方学務部の下にある奨学官が地域ごとに監督する方式をとっている。

食品

food

主にパスタやパンを主食とし、北部のポー川流域では米をよく食べる。北部の一部地域にはパンの代用としてトウモロコシの粉でできたポレンタを食べる地域もある。イタリア料理は地方色が強く各地方料理の集合体のようなものであり、北部はバターやチーズを多く使い、南部はトマトやオリーブオイルを多用する傾向がある。

また沿岸部は魚を食べるが、内陸部はほとんど食べない、シチリア島はマグリブの食文化の影響があり、北東部はオーストリア料理やハンガリー料理など中欧に近い食文化があるなど地域色豊かである。

食事にワインを合わせる習慣があり、基本的にその土地のワインを飲む。また、サラミ、ハムなどの肉製品、チーズの種類の豊富なことも特徴である。コーヒーの消費も多く、イタリア式のいれ方にはエスプレッソ、カプチーノ、カフェ・ラッテが有名。また、ヨーロッパとしては珍しくタコも食べる。イタリア料理のピザなどもある。

言語

language

公用語はイタリア語。そして、等語線のラ・スペツィア=リミニ線があり、この線の北西の北イタリア(西ロマニアの側)と、南東にあたる中南部のイタリア(東ロマニアの側)では言葉が異なる。東ロマニアに分類される中部イタリアのトスカーナ州の言葉を中心に標準語が形成されている。北イタリアではフランス語などに近い西ロマニアの言葉であるガロ・イタリア語を使用する。この中でもロンバルディア州の言葉はロンバルド語という。

一部の特別自治州、ヴァッレ・ダオスタ州でフランス語、トレンティーノ=アルト・アディジェ州ではドイツ語も使用する。フリウリ地方ではフリウリ語、南ティロルではラディン語という、イタリア語よりラテン語に近いレト・ロマンス語系の言葉を母語とする住民もいる。また、最南部のカラブリア州には東ローマ帝国統治下(マグナ・グラエキア)の影響を残すギリシャ語系のグリコ語の話者も存在する。 さらに、オスマン帝国時代のアルバニアからイタリア南部に定着した人々の子孫はアルバニア語の方言を母語とする。サルデーニャ島では、イタリア語系のサルデーニャ語(イタリア語の一方言とする説もある)が話される。アルゲーロではスペイン支配の影響からカタルーニャ語の方言が話される。

イタリアは歴史的に別の国に分れていた期間が長いため方言の差が激しいとされているが、そもそも言語成立の過程にも複雑な事情が絡んでいる。古代ローマで話されていた言葉(ラテン語)の俗語形である「俗ラテン語」が、ローマ消滅以降にかつての統治領(イタリア・フランス・スペインなど)ごとに統一性を失って方言化した際、イタリア各地のラテン語方言がイタリア地方特有の変化を遂げたと判断した人々が、近世になってこれらを一つの言語体系(イタリア語)と定めた事に起因する。