• 会員入会
  • ログイン
  • USD

    通貨を選択 :


    USD 米ドル
    CAD カナダドル‏
    EUR ユーロ‏
    GBP 英国ポンド‏
    KRW 韓国、ウォン‏
    JPY 日本円‏
    CNY 中国、人民元‏
    AUD オーストラリア ドル‏
    IDR インドネシア、ルピア‏
    NZD ニュージーランド ドル‏
    PHP フィリピン、ペソ‏
    SGD シンガポール ドル‏
    TWD 台湾ドル‏
    HKD 香港ドル‏
    RUB ロシア、ルーブル‏
    INR インド、ルピー‏
    THB タイ、バーツ‏
    MYR マレーシア、リンギット‏
    ZAR 南アフリカ ランド‏
    VND ベトナム、ドン‏
    BRL ブラジル レアル (R$)‏
    CLP チリ、ペソ‏
    CHF スイスフラン‏
    EGP エジプト、ポンド‏
    COP コロンビア、ペソ‏
    ARS アルゼンチン ペソ‏
    PLN ポーランド、ズローチ‏
  • language Japanese

    言語を選択 :


    GB English
    KR 한국어
    ES Español
    CN 简体中文
    NO Norge
    FR Français

mt マルタ

マルタ共和国(マルタきょうわこく)、通称マルタは、南ヨーロッパの共和制国家。イギリス連邦および欧州連合(EU)の加盟国である。公用語はマルタ語と英語、通貨はユーロ、首都はバレッタ。地中海に位置する島国で、いわゆるミニ国家のひとつ。

1869年のスエズ運河の開通後は船舶の寄港地として賑わう事となった。しかし、19世紀末以降、大型船の就航により燃料補給のための寄港の必要性が減少し、マルタの経済は縮小し、1940年代には深刻な危機に陥った。現在のマルタは、国内にエネルギー資源は無く、石灰岩が産出されるのみである。食料自給率も20%にすぎない。淡水は限られ、飲み水はイタリアから輸入している。経済的に有利な点は、地中海の中央に位置することと労働者が勤勉なことである。貿易を中心とした経済となっており、電子、繊維、観光が主要産業である。とくに観光インフラは近年整備され良質なホテルがある。映画製作も成長産業で毎年巨額予算の外国映画が撮影されている。

マルタは地中海の中央部、シチリア島の南約93kmに位置する。主要な島はマルタ島とゴゾ島、コミノ島の三つである。海岸線が変化に富むため良港が多い。地形は低い丘陵や台地からなり、最高地点はマルタ島内の標高253mの丘陵である。

気候は地中海性気候のため、冬は温暖で雨が多く、夏は暑く乾燥している。

教育

education

資源や経済の乏しさを補う為に教育拡充を重要視し、政府は教育を無料にして将来の経済成長を支える人材育成に励んでいる。とはいえ現実としては国民の教育水準は高くなく、2010年現在における15歳以上の労働力人口においては、小学校など初等教育のみで教育課程を終える国民が全体の53%を占めている。また識字率も15歳以上の国民で92.4%に留まり、欧州主要国よりも低い状態にある。

食品

food

Maltese cuisine reflects Maltese history, it shows strong Sicilian and English influences as well as Spanish, French, Maghrebin, Provençal, and other Mediterranean cuisines. Having to import most of its foodstuffs, being positioned along important trade routes, and having to cater for the resident foreign powers who ruled the islands, opened Maltese cuisine to outside influences. The traditional Maltese stewed rabbit (fenek) is often identified as the national dish.

There are a number of junctures in which development in Maltese cuisine related to issues of identity. The most significant example is the traditional Maltese fenek stewed (stewed rabbit), often identified as the national dish, quite possibly started off as a form of symbolic resistance to the hunting restrictions imposed by the Knights of St John. The dish was to become popular after the lifting of restrictions in the late 18th century (and by which time the indigenous breed had multiplied and prices dropped) and the domestication of rabbits, a technique which could have been imported from France thanks to the French Knights.

The popularity of pork and its presence in various dishes could be attributed to Malta being on the edge of the Christian world. Consuming a food which is taboo in the Muslim culinary culture could have been a way of self-identification by distinguishing oneself from the other. In addition to pork dishes (such as grilled pork cuts or stuffed flank) and the exclusive predominance of pork in indigenous Maltese sausages, adding some pork to dishes such as kawlata (a vegetable soup) and ross il-forn (baked rice) have been common practice in the Maltese vernacular cuisine for centuries.

The strongest seasonal variations are seen in desserts and sweets. Prinjolata, kwareżimal, karamelli tal-ħarrub, ftira tar-Randan,figolla and qagħaq tal-għasel are all examples of sweets associated with a particular season.

Because Catholic fasting during Lent involved mostly meats and dairy products, fish such as Lampuki were a popular dish during this period as were stewed snails (Maltese: bebbux), stuffed artichokes (Maltese: qaqoċċ mimli) and fritters (Maltese: sfineġ) of ġbejna, vegetables or fish (particularly whitebait and salted cod). During the Holy Week bakers also bake a large bagel typically studded with some almonds on top called qagħqa tal-appostli (lit. apostles' bagel). Usually coinciding with the spring, there are also seasonal variations to certain dishes at the time of Lent as in, for example, adding fresh broad beans to dishes such as kusksu (a vegetable and pasta dish).

During the month of November għadam tal-mejtin (lit. bones of the dead, in Italian: ossa dei morti) are prepared. These are similar to figolla but made in the shape of a bone.

言語

language

マルタ語は、マルタ共和国で公用語として話される言語。欧州連合(EU)の公式言語の一つ。言語はアラビア語の口語(アーンミーヤ)の変種の一つであるが、ロマンス系語彙の借用語が多いことから(ただし、これはマグリブの口語全体にいえることである)別言語とする学者もいる。ヨーロッパ圏唯一のアフロ・アジア語族 - セム語派の言語である。アラビア語の口語(アーンミーヤ)の中では、マグリブ方言に最も近い。

シチリア語、イタリア語など、ロマンス系の語彙を多く含み、セム系言語で唯一のラテン文字による正書法を持つ。それまで公用語であったイタリア語に代わり、1936年に英語と並んでマルタ共和国の公用語に採用された。今日では、約60万人の話者がいる。オーストラリアやアメリカ合衆国、カナダへ移民した人々の間でも使われている。現存する最も古い使用例は、15世紀にPietro Caxaroにより書かれた、「Il Cantilena」である。何世紀もの間、マルタ語は話し言葉であり、記述する時には、アラビア語、のちにイタリア語が使用された。

ロマンス語の影響を受けてはいるが、マルタ語の文法は依然としてアラビア語そのものである。形容詞は名詞を後ろから修飾し、本来副詞は少なく、語順はかなり自由である。アラビア語やヘブライ語と同様、名詞が定冠詞をとる場合、それを修飾するセム語起源の形容詞も定冠詞をとる。例:L-Art l-Imqaddsa(=〈定冠詞〉-土地 〈定冠詞〉-聖なる)。ちなみに、アラビア語では'al-'arḍ 'al-muqaddasa、ヘブライ語ではha'arets hakkedoša。但し、形容詞が定冠詞をとらないこともある。ロマンス語起源の形容詞は定冠詞をとらない。名詞の数には部分的に双数が残存している。

動詞はアラビア語の「三語根のパターン」を保持している。つまり、子音三つからなる語根に接頭辞、接中辞、接尾辞を付け加えることで動詞に文法的な意味を付与するのである。例えば、「書く」を表す三つの子音KTBに接中辞ーi, 接尾辞-naを加えてktibna(私たちは書いた)を作る(ちなみにアラビア語ではkatabna, ヘブライ語ではkatavnu)。時制は非過去と過去の二つである。