• 会員入会
  • ログイン
  • USD

    通貨を選択 :


    USD 米ドル
    CAD カナダドル‏
    EUR ユーロ‏
    GBP 英国ポンド‏
    KRW 韓国、ウォン‏
    JPY 日本円‏
    CNY 中国、人民元‏
    AUD オーストラリア ドル‏
    IDR インドネシア、ルピア‏
    NZD ニュージーランド ドル‏
    PHP フィリピン、ペソ‏
    SGD シンガポール ドル‏
    TWD 台湾ドル‏
    HKD 香港ドル‏
    RUB ロシア、ルーブル‏
    INR インド、ルピー‏
    THB タイ、バーツ‏
    MYR マレーシア、リンギット‏
    ZAR 南アフリカ ランド‏
    VND ベトナム、ドン‏
    BRL ブラジル レアル (R$)‏
    CLP チリ、ペソ‏
    CHF スイスフラン‏
    EGP エジプト、ポンド‏
    COP コロンビア、ペソ‏
    ARS アルゼンチン ペソ‏
    PLN ポーランド、ズローチ‏
  • language Japanese

    言語を選択 :


    GB English
    KR 한국어
    ES Español
    CN 简体中文
    NO Norge
    FR Français

za 南アフリカ

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから、国を代表する首都はプレトリアと認知されている。

夏期は10月から3月、冬期は5月から8月である。地域による差はあるのだが、一年を通じて気候は比較的温暖で日照時間が長い。しかし、海岸部以外は高地なため同緯度の国に比べやや気温は低い。国全体の平均気温は、冬が0度から15度、夏が20から40度と差が大きい。内陸高地の冬の気温は0度以下になることもあり、ドラケンスバーグ山脈のような高い山の山頂では降雪もある。東部の海岸は高度も低く、暖流のモザンビーク海流が流れているために暖かい。西部の海岸は寒流のベンゲラ海流の影響を受けて気温はそれほど上がらない。

雨季は11月から3月。東と西で雨の降り方が大きく違う。東部は季節風の影響で夏に雨が降るが、南西の海岸はいわゆる地中海性気候で、移動性低気圧により冬に雨が多い。降雨量は東側から西側に行くにしたがって少なくなる。南半球なので北に行くほど暑くなりそうだが、内陸部は高原地帯であるためそれほど暑くはならない。

教育

education

アパルトヘイト時代には黒人は事実上義務教育の対象ではなく、今日まで続く深刻な貧困の原因となっている。アパルトヘイト撤廃後、膨大な国家予算を教育費に充て、黒人への教育が強化され就学率は95%まで上昇した。しかしながら、成人の過半数はまともな教育を受けてこなかったために、深刻な失業率などをもたらす原因として大きな問題となっている。

教授言語は、初等教育は各民族語で受け、3年次より外国語としての英語教育が開始され、初等教育4年次より、中等・高等教育まで基本的に全ての科目の教授言語は英語(少数はアフリカーンス語)となる。社会参加に必要な英語やアフリカーンス語を十分に理解する層は全人口の半数以下に過ぎず、アフリカ諸語しか話せない層への社会参加を阻んでいるなど、大きな問題となっている。

2003年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は86.4%(男性:87%、女性:85.7%)である。2010年の教育支出はGDPの6%だった。

大学は全部で23あり、ケープタウン大学、プレトリア大学、ステレンボッシュ大学、ウィットウォータースランド大学などが著名である。ステレンボッシュ大学、フリーステート大学、北西大学、プレトリア大学ではアフリカーンス語でも授業が行われている。

食品

food

South African culture is diverse; foods from many cultures are enjoyed by all and especially marketed to tourists who wish to sample the large variety of South African cuisine. In addition to food, music and dance feature prominently.

South African cuisine is heavily meat-based and has spawned the distinctively South African social gathering known as a braai, or barbecue. South Africa has also developed into a major wine producer, with some of the best vineyards lying in valleys around Stellenbosch, Franschhoek, Paarl and Barrydale.

The cuisine of South Africa is sometimes called "rainbow cuisine", as it has had a variety of multicultural sources and stages. The cuisine can be generalised as:

• Cookery practiced by indigenous people of Africa such as the Sotho- and Nguni-speaking people.

• Cookery that emerged from several waves of colonialisation and immigration introduced during the colonial period by white European people of Dutch (since 1652), German, French, Italian, Greek and British (since 1805~1820) descent and their Indo-Asian slaves or servants - this includes the cuisine of the so-called Cape Malay people, which has many characteristics of Indonesia and cooking styles from neighbouring colonial cultures such as Portuguese Mozambique.

言語

language

公用語は英語、アフリカーンス語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の11言語。しかし、実質的には公用語として機能しているのは英語のみと言える。

1994年の現憲法制定以前はアフリカーンス語と英語が公用語であり両言語が政府、国会、経済、教育、標記、メディアにおいてもほぼ平等に使われていた。1994年の新憲法ではアフリカ諸語の保護育成のための多言語主義を掲げ、バントゥー諸語9言語が公用語に追加されたが、それまで共通語として機能していたアフリカーンス語を含め公用語の地位は形骸化している。エリート層主体で英語一本化の傾向が強まった結果、多言語主義の理念とはかけ離れつつあり、多言語主義を推奨する機関である汎南アフリカ言語委員会(PANSALB)もほとんど機能不全に陥っている。